虫たちとの共栄共存。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
理想郷

今回の旅の目的の一つにこのファームを訪れる事でした。

SONOMA 近くにあるGreen string farm    

オーナーであるBOBさんはオーガニック栽培では草分け的な存在で、CA,USAでオーガニック栽培をしている人達

で知らない人はいないくらい彼の功績は絶大です。

CAの人達のオーガニックに対する認識は日本では考えられないくらい普段の生活に根ずいています。

日本のはるか先を言っていると言っても決して過言ではないのです。

日本で使用されている農薬類は欧米に比べたら規制がゆるゆる状態なのですが、それをとがめる風潮が余りにもきうすなのです。

それをとやかく言うつもりは有りませんが、余りにも危機感が無さすぎる事に唖然としてしまうのはおじさんだけではないと

思います。

これ以上書くことはしませんが、日本における食の豊かさというのは欧米と比較して全く別の物だということです。

まず安全であることから始まるべきことであるのに、規格から入っていることだけでも似て非なるものなのです。

規格とは外見、サイズに重点を置きすぎているという事、流通などのことを考慮してきた結果でしょうが泣くのは生産者だけ。

こういう事が積み重なって今の消費者は勘違いをするようになってしまったのです。これは一種の洗脳でしょう。

まだまだ言いたいことは山ほどありますがもうおしまい。

さて話をこのファームに戻しますが、お客様は千差万別でお店のシェフのかたや一般の方など遠方からもファームに買いに

きています。

皆さん、自前のかごやエコバックを持ってきて自分で欲しいものを詰めてレジへ、、、、、、、、、

ファームの方の接客は挨拶だけ、、、常連さんということでしょう。

野菜から果物、チーズ類、パン、オリーブオイル、ビネガー、卵、ハーブ、アーモンド、クルミ、、、、、

全部自前で揃えてあるのが凄すぎ。 

おじさんが子供のときに田舎に住んでいたころ、自宅の庭や畑で野菜や果物、小麦などを田舎では結構各家で調達していたのを

思い出しましたがその当時も農薬やら化学肥料など田舎ではあまり使用していなかったと記憶しています。

おじさんが理想郷と思う訳はそういう記憶からきているのかもしれません。

まあ、規模は比べようがありませんが!!!!!

BOBさんとお会いして感じたことがります。

一つの事を継続してきたことへの達成感からくる??心のゆとりが顔にも雰囲気にも読み取れました。

やっとこの年で理想的な方と出会い、理想的なファームの姿を見れたのはおじさんにとって決して遅すぎてはいないと

思います。 なぜならば理想を現実に知ることができたから、、、、

これからまたゆっくりとこの理想に向かって歩んでいく積りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18:45 - comments(0)
comment

message :